アカントアメーバに感染しないためにはどうすればいいか?前編

アカントアメーバは、普通にコンタクトレンズを使用しているぶんにはまず絶対に感染しない菌です。ではなぜ、ここ最近、感染する人が増えてきているのか?それは、その「普通」の使い方ができていない方が多くなってきたからです。
毎日使っていると感覚が麻痺してくるのも致し方ないことですが、コンタクトレンズはとてもデリケートな医療用具です。そのことを失念して、ぞんざいな扱いをしてしまうのが過ちの第一歩です。
アカントアメーバやその他の細菌からの感染症を防ぐには、まず、基本的なレンズケアが一番大事になってきます。面倒臭くなって、ろくに洗わず保存液に浸してまた装着…という荒っぽい使い方はNG。装用後には必ずよく洗った指でこすり洗いし、きちんと乾燥させたケースの中に保存液を入れて、その中で8時間は保管しましょう。なお、指で縦洗いをするのは爪で傷がついてしまう危険性があるので、できるだけ横洗いが望ましいです。
また、使い捨てコンタクトレンズの試用期間を守らないのもよくありません
ワンデーのものを一週間使ったり、2週間用のものを1ヶ月使ったりしている方もよくいますが、使い捨てレンズは期限以上の使用に耐えられる造りはしていません。それを無視して使い続ければ、角膜に傷がついたり、細菌感染が起きることもあります。期間は必ず守って使用しましょう。
また、最近ではネットでコンタクトレンズを購入する方が増えてきましたが、これも眼病に気づかない原因のひとつです。ソフトレンズはハードと違い、目の傷や傷に気づきにくい構造になっています。ちょっとでも違和感があれば、定期的に眼科へ行き、検査をすることをおすすめいたします。
コンタクトレンズ、MPSタイプの消毒液にご注意を
ソフトコンタクト利用者、感染症急増か (ニュース動画)
コンタクトレンズで失明?アカントアメーバの脅威
→アカントアメーバに感染しないためにはどうすればいいか?前編
アカントアメーバに感染しないためにはどうすればいいか?後編

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。

シェアしていただければ幸いです