ソフトコンタクト利用者、感染症急増か

ソフトコンタクトレンズの利用者に、アカントアメーバ角膜炎という目の感染症にかかるケースが急増しているとして、医薬品の監視団体が、厚生労働省や消費者庁に対し、詳しい調査を行なうよう要望しました。団体側は、消毒液の効果が不十分なケースがあるのではないかとしています。一方、国民生活センターも消毒液の効果について独自の検査を行なった結果を今日午後、公表する予定です。

<ニュース動画は削除されました>

国民生活センターによる行政に対する要望一覧(2009 年9月~2012 年3月) (PDF)

コンタクトレンズ、MPSタイプの消毒液にご注意を
→ソフトコンタクト利用者、感染症急増か (ニュース動画)
コンタクトレンズで失明?アカントアメーバの脅威
アカントアメーバに感染しないためにはどうすればいいか?前編
アカントアメーバに感染しないためにはどうすればいいか?後編

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。

シェアしていただければ幸いです