ミドリンとは

瞳を開く目薬。眼底検査や屈折検査のほか、仮性近視の治療にもよく用いられる。仮性近視と診断されるとミドリンMが眼科で処方される。眼精疲労の治療のために処方されることがある。眼底検査に使用するのはミドリンT。主成分は トロピカミド(Tropicamide) 。


診断または治療を目的とする散瞳と調節麻痺薬。この目薬を点眼すると、副交感神経をおさえることで、瞳を大きく開くので、まぶしく見えたり、物がかすんで見えることがある。同時に、目の緊張状態がゆるんで、仮性近視や近業作業による疲れ目にもある程度有効といわれている。

夜寝る直前に点眼する。作用時間は5、6時間程度。緑内障患者や眼圧の高い人では、眼圧がさらに高くなり、発作を引き起こす可能性がある。(スリット検査で閉鎖隅角緑内障は判定可能)量が過ぎると、眼の調節麻痺が現れることがある。

6.偽近視(仮性近視)は治らないの? | 子供が近視といわれたら | 目についての健康情報 | 公益社団法人 日本眼科医会

近業を長く続けると、水晶体の厚さを調節している毛様体が異常に緊張して、一時的に近視の状態になってしまいます。これを偽近視といい、俗に「仮性近視」と呼ばれています。調節を麻痺させる働きのある点眼薬をつけて治療します。
ただ、偽近視の状態が本当にあるかどうかについては、賛否両論があります。また点眼薬も、2~3か月治療して視力が出ないようなら続けても意味はありません。あまり根拠のある治療法ではないので期待しない方がよいと思います。
点眼薬をつけて効果が出ない場合にはメガネを処方してもらったほうがよいでしょう。

ミドリン点眼とワックによるトレーニングが併用されることがある。

子供の近視予防と視力回復

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。

シェアしていただければ幸いです