室内凝視訓練法

遠方凝視訓練、望遠訓練法を室内でも行えるようにと考え出されたものです。


2.5m~5.0mの距離の中で遠くと近くを交互に見つめ、眼の中の毛様体筋を動かし、遠近調節力を伸ばしていくトレーニング法。
見つめる目標物には、ランドルト環を使うのがよい。多少見えづらいものに意識を集中させ、じっと見つめることで、毛様体筋を刺激して水晶体の厚さを調節できるようになります。
視力表があれば、誰でも家庭でトレーニングできます。
東京視力回復センターの訓練では、A-2型訓練器具(厚生省医療用具承認番号54B1390号)が用いられ、実施されています。
東京視力回復センターでの訓練の様子
この方法と同様な視力回復トレーニングについては、メールマガジンで詳しく解説しています。ぜひ、ご購読ください。

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。

シェアしていただければ幸いです