近視歴と視力回復の可能性

近視の度数や近視になってからの期間、また回復力にも個人差があるため、トレーニングではあなたが目標とする視力まで回復できるかどうかわかりません。


視力の回復トレーニングは、取り掛かる時期が早ければ早いほどよく、回復にかかる時間も短くてすみます。特に子供の近視は進行が早いため、早めに対処した方がいいでしょう。
0.1以下の強度近視まで進行してしまった人は軸性近視になっている可能性もあり、1.0まで回復するのはとても困難となります。
では、どのくらいの視力を目標にトレーニングをすればいいでしょうか。
軽度近視の人は1.0以上、中度近視の人はメガネ・コンタクトレンズを必要としない状態まで、強度近視の人は元の視力の10倍程度を目標にするといいでしょう。
自動車の運転免許は両眼で0.7以上あれば取得できるので、必ずしも1.0以上の視力がないと、裸眼生活できないわけではありません。
強度近視の人は、まずはメガネがなくても本が読める、テレビが見れる状態をイメージして、トレーニングに取り組まれてはいかがでしょうか。
屈折度数と視力の関係も参考にしてください。

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。

シェアしていただければ幸いです