網膜とは

眼の奥にある薄い透明の膜のこと。カメラでいうフィルムの役目を果たしている。


瞳孔を通った光線を視神経を通じ、脳の視覚中枢に刺激を与えるパイプ役である。
網膜は眼で捉えた物体を意識させ実像化させる部分である。
網膜のほぼ真ん中に黄斑(おうはん)があり、物の細かい部分や色を見分ける働きを持つ細胞が集中している。
黄斑の中央にあるくぼみを中心窩(ちゅうしんか)があり、物が最もよくみえるとこである。

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。

シェアしていただければ幸いです