視力回復のアイポータル > 眼のメカニズム > 網膜上に像を映す眼の仕組み

網膜上に像を映す眼の仕組み

眼でとらえた光が角膜から入り、水晶体を通り、網膜に達するときにピントがぴたりと合えば、物がはっきりと見えます。

物がはっきりと見えないということは、その網膜に達する焦点がずれていること、すなわち眼の機能が正常に働いていないことを意味します。

それでは、なぜ異なった距離の物体をはっきりと見ることができるのでしょうか。

それには二つの理論があって、一つは眼の水晶体の形が変化するからだとするヘルムホルツ理論、もう一つが眼筋が変化するからだとするベイツス理論です。

水晶体の厚みを変える毛様体筋と、眼球を動かしたり眼軸を変える六つの眼筋があり、それらの働きによって、近くのものも遠くのものも柔軟に見ることができるのです。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。





シェア



超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。

ソニマック楽天市場店(公式直販ショップ)

Amazon.co.jp 【公式】ソニマックオンラインショップ : ソニマック&ACアダプター


メルマガ

視力回復大事典


カテゴリ

眼のメカニズム

視力低下の原因

裸眼生活のススメ

視力回復トレーニング

視力回復センター取材レポ

超音波治療器やグッズ

寝ている間に視力回復

レーシック 視力矯正手術

目に優しい食べ物

眼のコラム

眼の用語集

眼の動画集

視力検査しよう!

よくある質問とその回答

メールマガジン

リンク集

運営者情報

お勧めリンク

レーシックで失敗しないで!