ベイツス理論

ウイリアム・ホレイショ・ベイツス博士が主張する理論。異なった距離の物体が見えるのは、眼の水晶体の形が変化するのではなく、眼筋が変化するからであるという主張。4つの直筋と2つの斜筋を使い、眼球を変化させることで眼を調節するというもの。


このベイツス理論から、眼軸が伸びて視力が低下した状態を、軸性近視と呼びます。

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。

シェアしていただければ幸いです