学校検眼とは

学校では春になると身体検査が行われます。

学校検眼とは、学校で測る視力のこと。

一般的な視力検査は、0.1から2.0で記録されますが、学校検眼の場合は、ABCDの4段階で検眼通知書に記録されます。

判定 視力
A 1.0以上
B 0.7~0.9
C 0.3~0.6
D 0.2以下


たくさんの子供を測定しなければならないので、時間の関係で4段階判定になっているのかもしれませんね。

この4段階判定の問題としては、ランクが下がったときには、視力低下がかなり進んでしまっていることです。

成長期は近視の進行が早いので、親御さんは低下の兆候がないか注意深く見ておく必要があります。

視力回復は早期発見早期対処が基本です。

子供の近視予防と視力回復

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。

シェアしていただければ幸いです