視力が必要な職業や資格

視力が悪いと就けない職業や取れない資格があります。
自動車の免許はメガネやコンタクトレンズによる矯正視力が、基準に達していれば交付されます。ただし、条件付となり裸眼で運転することは認められません。


●運転免許
 ○原付・小型特殊
  視力が両眼で0.5以上であること又は一眼が見えない者については、
  他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上であるいこと
 ○普通一種・自動二輪・大型特殊
  視力が両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上であること
  又は一眼の視力が0.3に満たない者若しくは一眼が見えない者につ
  いては、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上であること
 ○大型・けん引・第二種
  視力が両眼で0.8以上、かつ、一眼でそれぞれ0.5以上であること。
  三桿法の奥行知覚検査器により3回検査し、その平均誤差が
  2センチメートル以下であること。
●小型船舶操縦免許
 両眼とも0.6以上(矯正可)。一眼の視力が0.6未満の場合は、
 他眼の視力が0.6以上であり、かつ、視野が左右150度以上
 であること。
●法務教官
 裸眼視力がどちらか1眼でも0.6に満たない者は不合格
 (ただし、両眼で矯正視力が1.0以上の者は差し支えない。)
●客室乗務員
 矯正視力が1.0以上であること(コンタクトレンズ使用可)
●自衛官
 両眼とも裸眼視力が0.6以上又は裸眼視力が0.1以上で
 矯正視力が0.8以上であるもの
●警察官
 裸眼視力が両眼とも0.6以上であること。ただしこれに満たない
 場合は、裸眼視力がおおむね各0.1以上であって、矯正視力が
 各1.0以上であること
●消防官
 両目で0.7以上、かつ一眼でそれぞれ0.3以上(矯正視力含む)、
●騎手
 両眼とも裸眼(メガネ、コンタクトレンズ等を用いない)で
 0.6以上であること。
●競艇選手
 両眼とも裸眼で0.8以上
 (メガネ・コンタクト等の矯正視力は不可
 RK・レーザー治療等による視力回復は可)
裸眼視力が必要な職業もあります。人の命を預かる仕事や、危険度が高い現場で働く仕事は、裸眼視力がないと人の生死にかかわってきますから当然ですね。
また、レーシックなど視力矯正手術を受けていると就けない職業もあります。
それはパイロットです。
日本の航空会社では、視力矯正手術をおこなった人がパイロットになることを認めていません。
アメリカ連邦航空局(FAA)では認められています。
将来的には日本でも認められる日が来るかもしれません。
参考までに、JALの自社養成パイロットになるための身体条件を以下に記載します。
職種別募集要項 新卒|JAL採用情報|日本航空株式会社

・各眼の矯正視力(眼鏡・コンタクトレンズ着用可)が1.0以上であること(裸眼視力の条件はありません)。
・各眼の屈折度が-6.0~+2.0ジオプトリー内であること(オルソケラトロジーを6ケ月以内に受けていないこと)。
・心身ともに健康で、航空機の乗務に支障がないこと。
※上記は航空法をベースにした弊社基準に基づき判定いたします。

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。

シェアしていただければ幸いです