屈折性近視とは

角膜および水晶体の曲率が強く焦点が短かすぎて、網膜より前方に焦点を結んでしまう状態。


そのため、網膜には拡散した光が届くためぼやけて見える。近くばかり見ていると、水晶体が常に厚くなってしまいこのような状態になりやすい。
この屈折性近視のことを仮性近視と呼ぶこともある。
軸性近視

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。

シェアしていただければ幸いです