コンタクトレンズで失明?アカントアメーバの脅威

アカントアメーバとは、ゾウリムシやミドリムシと同じ小さな原生動物です。
空気中や水道水の中という非常に身近な場所に住んでいるので、たとえばソフトコンタクトレンズを水で洗い、それを装着すれば、角膜に出来ている傷から菌が入りこみ、角膜炎を起こしてしまうことがあります。ケースを水洗いして、十分に乾燥させていないまま保存液を入れるのもよくありません。菌が繁殖してしまうからです。
アメーバの感染は非常にゆっくりと進行していきます。眼の痛みがかなり強いのが特徴で、白眼の充血も顕著になります。目やにや涙も多くなるようです。初期ならば視力の低下も軽度ですが、進行すると重度の視力障害になるので、手遅れになる前に気付けるかどうかが明暗の分かれ目です。
今のところ、このアカントアメーバに対する特効薬は開発されていません。なので、感染した場合は、抗真菌薬の投与と角膜表面を何度も削るといった治療を併用します。感染の度合いによっては、角膜移植をしなけらばならなくなるといったケースもあり、最悪失明につながる可能性もあります。
保存液がないから水で代用…なんてことをしていた方も結構いるのではないでしょうか。ハードはレンズに水分を含まないので水洗いをしても大丈夫ですが、ソフトは絶対にNGです。ソフトは多く水分を含んでいるので、アメーバに限らず菌が入りこめばすぐに繁殖し、致命的な疾患に至ってしまいます。
洗わないのかもちろんのこと、とにかく水が目に入りそうな場では、レンズの装着は控えるのがよいでしょう。
コンタクトレンズ、MPSタイプの消毒液にご注意を
ソフトコンタクト利用者、感染症急増か (ニュース動画)
→コンタクトレンズで失明?アカントアメーバの脅威
アカントアメーバに感染しないためにはどうすればいいか?前編
アカントアメーバに感染しないためにはどうすればいいか?後編

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。

シェアしていただければ幸いです