視力回復の見込みチェック

誰でもトレーニングさえすれば目がよくなるわけではなく、たとえば八十歳の方なら、トレーニングしてもよくなる見込みはまずありません。近視になってからの期間が短いほど大きく回復できる見込みがあり、近視になってからの期間が長く、長年、メガネを使用している場合は期待できる回復の幅も下がります。
屈折度数と視力はあるていど比例していますが、完全には比例していません。
同じ屈折度数でも、上手に目を使えば視力は上がり、逆に目の使い方が悪ければ、視力は落ちます。トレーニングすることで、屈折度数は変わらなくても、よく見える、視力の高さが手に入ります。
とはいえ、屈折度数によって、どこまで視力回復を望めるかがやはり異なります。
視力が落ち始めてから半年から一年ていどで、屈折度数の軽い子供などは、トレーニング次第で大幅に回復、メガネ不要になる可能性があります。しかし、それはテレビの見過ぎ、ゲームのやり過ぎなど、ふだんの目の使い方に問題があり、トレーニングで正しい目の使い方、休め方を覚えれば視力を回復できる場合です。
近視には遺伝的要因、つまり持って生まれた近視になりやすい体質と、環境的な要因、つまり近視にしてしまう目の使い方の問題があります。
遺伝的要因が強く、近視が現在どんどん進行している場合には、現在の屈折度数が高くても、トレーニングで良くはならず、悪化を止めたり、悪化速度を遅くするていどにしかならない場合もあります。
また屈折度数がかなり強い近視の場合には、トレーニングを積んでも、メガネなしで過ごせるところまでは回復しません。
東京視力回復センターでは回復の見込みについて、正直に伝えていました。
「視力が上がらないならトレーニングしてもしょうがない」
「メガネ不要にならないなら意味がない」
果たして、そうでしょうか?
屈折度数の進行し、軸性近視が進むと、「網膜剥離(もうまくはくり)」のリスクが強まります。放置すれば、失明の危険さえあります。
だから近視の進行をできるだけ止めるトレーニングには価値があります。
東京視力回復センターを突撃取材!
予約から申込みまでの流れ
まずは視力測定から
→視力回復の見込みチェック
トレーニングを実体験
トレーニングにかかる費用
無料体験は怖くない「正直」&「あっさり」

超音波治療器のご紹介

自宅で1日10分ソニマック
信頼の開発メーカー製のソニマックは5年間保証の医療機器。お試しの2週間無料貸出や資料請求を受付中です。

シェアしていただければ幸いです